面談スキルをブラッシュアップ!クライアントの自己肯定感を上げる「承認する技術」

こんにちは!キャリコンNORYです。

今回お勧めする、『対人援助の現場で使える 承認する・勇気づける技術 便利帖』は、面談スキルを今より更にレベルアップさせたいキャリアコンサルタントにお勧めの本です!
キャリコン受験生の方も、承認と勇気づけの技法が身につけば、これまで以上にロープレがうまくいくのを実感できるはずです!

この本を読むとこんなことができるようになります!

  1. 「すごい!」以外の褒め言葉を身に着けられる
  2. クライアントさんと信頼関係が築ける
  3. ほめるテクニックを実生活でも応用できる

めちゃくちゃ見やすいレイアウト

心理学やキャリアコンサルタントの専門書って、文章だけで書かれていたり、専門用語が多くてすごく読みにくいと思いませんか?
私の場合は、勉強しよう!読むぞ!と思って買ったものの、積読になってしまっている本が沢山あります。

『対人援助の現場で使える承認する・勇気づける技術 便利帖』は、必要最低限の情報図解多めすっきりまとめてくれています。
なので圧倒的に読みやすい!そして必要な部分をピックアップする時短読みがしやすいです。

理解を深めるワーク付き

『対人援助の現場で使える 承認する・勇気づける技術 便利帖』には合計9個のワークシートがついています。
相手の強みを見つけるリフレーミングの技術や、相手を承認するためにまずは自分自身を知るワークなど、一人でも取り組めるものばかりです。
ただ本を読むよりも、知識が自分事として身についていきます

会話例が載っているので実践ですぐ活かせる

『対人援助の現場で使える 承認する・勇気づける技術 便利帖』には具体的な会話例が紹介されています。
NG質問、OK質問のような例も豊富なので、明日からの面談にすぐにノウハウを取り入れることができます

困った時の辞書代わり

『対人援助の現場で使える 承認する・勇気づける技術 便利帖』の素敵なところは、辞書としても活用できることです。
冒頭ページにキーワードが載っているので、今の自分が苦手としていること、身に着けたいと思っている技術から逆引きで読むべきページが探せます。

目次

見どころ3つ

これは実際のキャリア面談にすぐ活かせる…!と感じた、役立つ見どころを3つ紹介します。
記事の都合上、本では「援助職」「相手」と記載されているところを「キャリコン」「クライアント」と変えてあります。

すごい!以外の褒め言葉

面談中、「それってすごいですね!」「すごーい!」など、気付けば「すごい」以外の褒め言葉を使っていない、皆さんも身に覚えがないでしょうか?
私は自覚していてもなかなか直せず困っていました…。

ただ漠然と「すごい」と褒めるより、何がすごいのかを具体的に伝えることが大切です。
何を「すごい」と褒めているのかが伝わることで、クライアントは自身の強みを認識することができます!

上手に褒めるための3つの方法

具体的に褒める

「すごい特技ですね」
「〇〇できるなんてすごいですね」

Iメッセージで褒める

「〇〇できるなんて、すごいなって思いました」
「私はよく似合っていると思います」

間接的に褒める

「ご家族が、あなたの対応は素晴らしいっておっしゃってましたよ」
「施設長が、よく頑張っているって褒めていましたよ」

Iメッセージとは
「私」を主語にする表現の方法。
「私は○○と思います」「私は~と感じました」
個人的な感想として伝わるため、相手が受け入れやすいです。

うなずきでクライアントの承認欲求を満たす

クライアントの話を聴くとき、意識しなくても自然にうなずけるスキルは皆さんすでに身に着けていると思います。
うなずくことで生まれる効果を理解していると、より満足できる面談を提供できるようになります!

クライアントの言ったことにしっかりうなずき、それを繰り返すと、クライアントの発言が増加します。
うなずきには、クライアントの「受け入れて欲しい」「認めてもらいたい」という承認欲求を満たす効果があります。

クライアントの存在を承認する聞き方

  • クライアントの言ったことにうなずく
  • クライアントのペースで、話を遮らずに聴く
  • 少しだけクライアントの方に体を傾けて聴く
  • 話をそのまま受け止める
  • クライアントの気持ちに理解を示し、共感する

コーピングクエスチョン

コーピングクエスチョンとは、どのように困難を対処してきたかに焦点を当てる質問の事です。

キャリコンのアイコン画像キャリコン

辛い状況をどうやって乗り越えてきたのですか?

キャリコンのアイコン画像キャリコン

大変な状況の中でどのようにして頑張ってきたんですか?

コーピングクエスチョンにはクライアントの自己肯定感を高める効果が2つあります。

  1. クライアントの中にある対処能力に気付いてもらうこと
  2. 苦労や努力、対処の工夫をキャリコンが承認するすることで、クライアントが自分自身を肯定する気持ちが強くなる

まとめ

『対人援助の現場で使える 承認する・勇気づける技術 便利帖』で紹介されている技法やノウハウは、他の心理学やキャリアコンサルタントの専門書ですでに紹介されている内容です。

それなのにあえてこの本をおすすめする理由は必要な部分だけを拾い読みできるレイアウトの見やすさです!

実技試験対策何をしたらいいの、うまくいかないどうしよう!!と焦っている方でも、落ち着いた気持ちで読み進められるはずです。

次回予告

『対人援助の現場で使えるシリーズ』はこの他に、『対人援助の現場で使える聴く・伝える・共感する技術 便利帖』『対人援助の現場で使える 質問する技術 便利帖 』の2冊があります。

私は全シリーズ購入したので、残りの2冊の紹介記事も書いていく予定です!

『対人援助の現場で使える 質問する技術 便利帖 』の紹介記事はこちらをご覧ください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

子育てをしながら、人材紹介会社勤務×キャリアコンサルタントのパラレルキャリアを躍進中。
キャリア相談やPoints of you コーチングで、思考の整理&一歩を踏み出すお手伝いをします。
ご連絡はLINE、Twitterで!

目次
閉じる